脂肪がつくのを未然に防ぐダイエット

ぴーこさん(女性・21歳)の体験談です

私は、痩せています。
太ったということがあまりありません。
食べ過ぎたとしても1キロくらい増えるだけです。
そんな私がどうやって太るのを防いでいるのかを紹介します。
私は、太ったら痩せればいいという考えの人はそう簡単には痩せられないと考えています。
そういう考えの人は意志が弱い人が多く、ダイエットも長続きしないのではないかと思います。
そういう人はダイエットを習慣にすればいいのです。
ダイエットは英語で食生活のことを表すと思います。
食生活を少し変えただけで太るのを防ぐ体にすることは可能だと思います。
私がやっているのは、腸内環境を整え、ウーロン茶を飲み、紅茶を飲み、油ものの料理のときはココナッツオイルを使うということです。
まず、腸内環境についてです。
私は腸が弱いです。
腸が弱いと体内環境も悪くなります。
私は腸内環境を整えるために万田酵素を週に2~3回飲んでいます。
そうすると、腸内環境が整い、老廃物を出すのを促してくれて、便通がかなりよくなり、どっさりでるようになりました。
無駄なものが排出されるので、ダイエットに効果的だと思われます。
次に、ウーロン茶についてです。
ウーロン茶は脂肪の吸収を抑えることで有名だと思います。
中国の美女もウーロン茶を飲んでいるからあんなに美しいのでしょう。
私は、レストランなどで飲み物を注文するときはジュースではなくウーロン茶にします!
次に、紅茶を飲むことです。
通勤通学に持っていくお茶を紅茶にします。
砂糖やミルク、シロップは入れずにストレートで飲みます。
紅茶は発酵茶なので、体にいいです。
私の母も、紅茶を会社に持っていくようにしてから、おなか周りに贅肉がつかなくなったようです。
最後に、油ものの料理はココナッツオイルを使うことについてです。
最近、きれいな芸能人がココナッツオイルを使っていることで有名です。
私もそれに便乗しました(笑)
ココナッツオイルは美容健康にいいということで知られています。
私は、ココナッツオイルで料理をするようになってから、体重が2キロほど減りました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ